ごあいさつ|概要沿革加入アクセスマップ

ごあいさつ

当組合は、昭和28年5月、東京における理化学・医療用硝子製品、硝子食器、硝子びん等容器の卸売業振興発展を目的として設立された組合ですが、そのル-ツは旧く明治12年にまでさかのぼることが出来ます。

以来、今日まで、硝子製品等卸売業の健全なる発展・育成のために組合員企業の経営の効率化および教育・研修事業等に積極的に努めて参りました。

組合員はその取扱品目により医理化・食器・びんの3部会に分かれ、また硝子関連企業等を賛助会員として迎えて、活発な活動を行なっています。

特に、現在の大きな構造変化に対応するための「人材育成・能力開発事業」や「流通の効率化事業」に注力し、独立行政法人雇用・能力開発機構東京センタ-の支援による「人材高度化事業」や、国および東京都の助成による「地域中小卸売業活性化推進事業」などを積極的に推進して参りました。

 

環境問題やリサイクル法、また情報化についてなど、新しい問題やテ-マが山積される中、今後も組合が一つの核となって、様々な情報発信を行なうとともに、問題解決のためのシンクタンクでありたいと考えております。

日本経済全体が大きな転換期を迎えている今、中小企業がそれぞれの長所を持ち寄ってネットワ-ク化を推進することは、今後さらに重要な意味を持つものと思料されます。

このホ-ムペ-ジは、職業能力開発総合大学校東京校、ソフト開発会社株式会社プラネット様との産学連携により推進致しました「営業支援ネット事業」の一環としてリニューアルオープンさせて頂きました。

業界を問わず、多くの皆様方のご指導ご鞭撻を頂ければ幸甚です。


東京硝子製品協同組合
理事長 木村 武史