ガラス解説ディスク|ガラス製品の取扱い

ガラス製品の取扱い上の注意
 (食器、花器、時計、灰皿、置物など)

1.ガラスの種類に関する注意

・ガラス製品には、一般のガラス。高級品のクリスタルガラス、物理的強度を高めた強化 ガラス、熱に対する耐性を高めた耐熱ガラス、などの種類があります。

・強化ガラスについての注意
 強化ガラスは耐熱ガラスではありません。ガラスは急激な温度変化(特に急冷)で割 れることがあります。ガラスが熱いうちに冷たいものを入れたり、ぬれたところに置かな いでください。

・クリスタルガラスについての注意
 クリスタルガラスは、耐熱ガラス、強化ガラスではありません。大切にお使いください。
〈補定:耐熱ガラスについて〉
 耐熱ガラス製品には用途区分があります。
 ご使用の前にそれぞれの「耐熱ガラス製品の取扱説明書」をよくお読みください。

2.ガラス食器についての注意
(一般のガラス、クリスタルガラス、強化ガラスに共通の注意)

使い始めは洗浄してください。
密閉外装ではありませんので、ガラス食器の使い始めは中性洗剤などで洗ってください。

洗浄時の注意

ガラス食器は中性洗剤などで洗ってください。その際ガラスを傷つけるおそれのある研磨材入りのスポンジ、金属たわし、クレンザーなどを使用しますと破損の原因になります。使用しないでください。(ガラス食器に使用できるクレンザーもあります。品質表示などでお確かめの上ご使用ください。)

手洗いの際の注意

グラスの内面を洗う際は十分ご注意ください。内側から力を入れてひねり洗いしますと、破損し思わぬケガをすることがあります。柄付きのスポンジのご使用をお勧めします。